現場ブログ

横浜市電保存館多目的ホール新築工事の記事

横浜市電保存館多目的ホール新築工事

コンクリート打設



昨日、地盤のコンクリート打設が修了しました。





型枠


こちらの写真ではコンクリートを流し込む為の型枠を作っています。











コンクリート

こちらの写真ではコンクリートを流し込んでおります。






コンクリート

コンクリート

このような感じに仕上がりました。



今までいろいろな作業がありましたが、このコンクリートを流し込むためのもので、とても長かったなと思います。






まだ地盤改良の段階ですが、ついこの間やっと模型がきました。

それがこちらになります。

模型

模型

模型がきたことによって、作業がしやすくなったのではないかなと思います。



ちなみに、中はこんな感じです。

模型のサムネイル画像



本日でインターンが終了なので、ブログを書くのはこれで最後になります。
短い間でしたが、たくさんの作業を見れて勉強になりました。



横浜市電保存館多目的ホール新築工事

墨出しと鉄筋




16,17,18とお天気に恵まれながら作業は続行



墨出しの作業です。

すみ

墨出し業者さんが精密に長さや幅を図ってどんどん形にしていました。
だんだんと図面の形にできあがっていくのがとても楽しいです。



続いて鉄筋作業!

鉄筋


長さも幅も違う鉄筋が何種類も。

その違う種類の鉄筋を組み合わせていました。

1本1本がとても重いそうです。



大事な鉄筋作業なので確認がとても大事になってくるそうで、細かく本数と幅を確認していました。



ここから鉄筋の長さを切って調節したり
炙って鉄を溶かしてくっつけたりと
少し危険な作業が行われました。


雨だとできない作業だったみたいなので
晴れてほんとうによかったです!



横浜市電保存館多目的ホール新築工事

捨コンです

本日は捨コンの作業でした。


管を使ってコンクリートを流しいれてます。


この管が二人がかりで持ってたのでとても重そうでした。

管



この後に流したコンクリートの表面をきれいに仕上げていきます。
コンクリート


こちらが完成形になります。

完成版

とても綺麗です!!!!!

さすが職人さんだなと思いました。







ところで市電保存館とは

昔道路で走っていた電車が保管されており、
実際に電車の中に入れたりと電車好きにはたまらない場所。。。

そこで今回作っているのが、市電保存館の駐車場かつ子どもが遊べる多目的スペース!
全体の形もすごく変わっていて完成が楽しみです。